So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

広州の赤ちゃんパンダ  [旅行]

2013年12月 広州にパンダを見に行きました。
ここには10頭ものパンダがいます。
しかも2013年7月31日に赤ちゃんパンダが生まれたのでした。

baby pandaの建物に入ると

IMG_5585.JPG
5585

IMG_5600.JPG
5600

おー 動いているではありませんかーーー[黒ハート]



にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村


そうそう 子パンダの名前 ネットに出ていました。
子パンダの名前は「隆隆」

中国広東省広州市の動物園、広州長隆野生動物世界は18日、今年7月に生まれたジャイアントパンダの子どもの名前を「隆隆(ロンロン)」に決めた。名前は公募し、1万以上の候補が集まった。
最終的には母パンダの梅清がくじ引きで決めたという
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

※雅安 パンダ基地6 [旅行]

雅安 パンダ基地 5

やっと つきました。雅安 パンダ基地。

園内を走る車で 一緒になったのは 奥さんに背負われたおばあさんと
じっとしていないたち。
まあ 裕福なご家族なのでしょうねぇ
奥さんが おばあさんを助手席に座らせたのですが
子どもたちが前に座りたいとごねて おばあさんを再び2列目に移動させることになりました。
しかしカートで移動する以外は 背負って移動なのか? ゆっくり歩くのか?
まあ このファミリーとはここで会っただけでした。
IMG_2113.JPG
15元というのは このカートに乗る料金です。

パンダ幼稚園のところでカートを降り、子パンダを見ます。
ここで あのピンク色の保育器に入ったパンダを好きなだけ見ることができました。

建物の窓のところに保育器を置いてあるのね。
そこで建物の外から見学できるようになっています。

そこから 帰国パンダのエリアまで歩きました。
帰国パンダってことは 日本からのパンダがいると思ったのですが
こちらは ネームプレートもなく どうにか聞いてみたのですが
成都にはいるけれど こちらにはいないよという返事・・・

う~ん やはり 日本生まれのパンダが余っているのでは??と思うセイレーンでした。
いったい どこにいっちゃったのでしょう?

帰国パンダのエリアは 幼稚園エリアほど きれいではなかったけれど
パンダが屋内から屋外に自由に出入りできるのがよいなぁと思ったのでした。

寒いかなーと思った雅安で 痛いくらい日焼けしてしまいました。
う~ん 山っていうのは わからないねぇ

帰国パンダエリアからパンダ幼稚園エリアに戻る時に
なんだか 管理事務所みたいなところの陰で休んでいたら
係のひとに話しかけられました。 

中国語で話しかけられて 英語で答えたのかな。
ただ 休んでいるだけだよーって言ったのですが
オットさんは セイレーンが パンダ帽をかぶっているから
(写真の黄緑の帽子はわかるかな このデザインの帽子を買いました。)
「あー このひと パンダそんなに好きなんだな」と思ったんじゃないの」と
言っていました。

日本から来たパンダがいるかどうか聞きたかったのですが
係の人は セイレーンが中国人だと思って話しかけたみたいなので
会話にならないと思って やめました。

にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村←パンダ好きの方・そうでない方も一票お願いします

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オスロ 民族博物館 [旅行]

「オスロ 民族博物館でフォークダンスを見ました」
http://www.his-j.com/tabimovie/theme/4b.html?id=421044

CIMG52709.JPG
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

雅安 パンダ基地 5 [旅行]

雅安 パンダ基地 5

やっと つきました。雅安 パンダ基地。

しかし 考えたら これ以降の写真はすべてサイズが大きくておみせできないのでした。
ごめんなさいね。
そのうち気が向いたら UPしますので へへ。

IMG_2092.JPG
↑当然ですが お店のひとはよくしゃべる方でした。
もちろん中国語です
Tシャツも試着していいよ。 ほらむこうへいってきなさいよと指さすので
試着室があるのかと思ったら どうもトイレに行ってきなさいよ。ってことみたいでした。

園内を走る車で 一緒になったのは 奥さんに背負われたおばあさんと孫たち。
まあ 裕福なご家族なのでしょうねぇ
奥さんが おばあさんを助手席に座らせたのですが
子どもたちが前に座りたいとごねて おばあさんを再び2列目に移動させることになりました。
しかしカートで移動する以外は 背負って移動なのか? ゆっくり歩くのか?
まあ このファミリーとはここで会っただけでした。

パンダ幼稚園のところでカートを降り、子パンダを見ます。
ここで あのピンク色の保育器に入ったパンダを好きなだけ見ることができました。

建物の窓のところに保育器を置いてあるのね。
そこで建物の外から見学できるようになっています。

そこから 帰国パンダのエリアまで歩きました。
帰国パンダってことは 日本からのパンダがいると思ったのですが
こちらは ネームプレートもなく どうにか聞いてみたのですが
成都にはいるけれど こちらにはいないよという返事・・・

う~ん やはり 日本生まれのパンダが余っているのでは??と思うセイレーンでした。
いったい どこにいっちゃったのでしょう?

帰国パンダのエリアは 幼稚園エリアほど きれいではなかったけれど
パンダが屋内から屋外に自由に出入りできるのがよいなぁと思ったのでした。

寒いかなーと思った雅安で 痛いくらい日焼けしてしまいました。
う~ん 山っていうのは わからないねぇ

帰国パンダエリアからパンダ幼稚園エリアに戻る時に
なんだか 管理事務所みたいなところの陰で休んでいたら
係のひとに話しかけられました。 
中国語で話しかけられて 英語で答えたのかな。
ただ 休んでいるだけだよーって言ったのですが
オットさんは セイレーンが パンダ帽をかぶっているから
(写真の黄緑の帽子はわかるかな このデザインの帽子を買いました。)
「あー このひと パンダそんなに好きなんだな」と思ったんじゃないの」と
言っていました。

高い木のうえの子パンダの話がありますが それはまた次回ね


にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村←パンダ好きの方・そうでない方も一票お願いします

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感