So-net無料ブログ作成
読んだ本の記録 ブログトップ
前の4件 | -

私を離さないで byカズオイシグロ [読んだ本の記録]

テレビドラマの方は話題になってから見たので
後半は展開がわかっていました。

重たい本なので 結局 全部読めませんでした。
テーマがよいことはわかるのですが
ドラマでさえ 話がゆっくり進むことに
つきあっていられなかったので
本ではますます その感じがありました。

だいたい主人公たちも「何故」
と思っているので それは仕方がないというか
誰も答を知らない気がしました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村ストーリー
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

キャロリング 有川浩 [読んだ本の記録]

図書館で あれ このような題名の本を予約したのか(゜.゜) なんて思っていたら 有川作品でした。 クリスマスの頃のお話なのでこの題名なんですね 始まりかたが あまり好きではない感じ とにかく暗いから。。。 面白くなってくるのは 恋人たちの思い出のところ そして ダメなお父さん 自分のことしか考えていない そして自分で ダメさをわかっていない 奥さんのほうが仕事ができるのに そこを指摘されるとプライドが傷つくという 小学生のほうがしっかりしている 「アンマーとぼくら」のお父さんもそうでしたね。 私は「アンマー」のほうが好きです。 キャロリングのおかあさんも仕事に逃げている 自分大好きな女性ですけれどね あー そういえば 私 こういう家族を知っています。 母が保険の外交員(当時は花形 バリキャリでした) 父が郵便局員で 息子二人 息子は 「おかあさんがお父さんのことをダメダメだと言っている」と言っていましたから いや それ 息子に言ってはだめでしょ まあ よくある話ですね さて そして へっぽこな取り立て屋が出てきて あれ 赤川作品のように出てきちゃったよ と思ったら 有川先生 ここにもドラマを作っている こちらがわの視点になると 脇役のはずのへっぽこたちに 納得させられてしまう あー しょうもない爺さんも出てきた。 そして最後は 恋人たちのクリスマスに 落ち着きました。 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村ストーリー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水鏡推理Ⅲ 松岡圭祐 [読んだ本の記録]

地層の発見 人面塚
誰が不正をしているのかわからずに夢中で読みました。
ストーリーはかなり面白いです。
不満なところは スマホを落としてしまって連絡ができなかったところかな
廃棄されたケータイを復活させる技を入れたかったようですが
それにしては助けに来るのが早すぎに思えました。
廣瀬氏をテレビドラマでやるとしたら 誰がやるのかな


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村ストーリー
nice!(2)  コメント(1) 

水鏡推理Ⅵ 松岡圭祐 [読んだ本の記録]

テーマは過労死
現実の事件を追っているようなストーリーです。
ラスト 二人の会話が続くところはサスペンスドラマのようで
いきなり人質をとる展開も あれあれと思いました。
なんというか 普通のおじさんが
人質をとることはないと思うのですよ
自殺は考えられますけれどね

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村ストーリー
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の4件 | - 読んだ本の記録 ブログトップ