So-net無料ブログ作成
検索選択

雅安から成都へ その3 [旅行]

雅安から成都へ その3

19時のバスで 再び成都にもどります。
待合室は 閑散としていました。 成都へのバスが最後なのかなという感じ
長距離バスは 早くチケットを取ったひとを窓側にするんですよね。
一人旅のひとは その隣の席が空席になる・・
・・・で 出発間近になってチケットをとった私たちは 
通路&通路というふたりとも通路側になってしまったのだけれど
私の隣の席にきた女性が かわってもいいですよ」みたいに言ったようなんですよ。
まあ これも中国語だったので 違っていたかもしれませんが ^^l その時は
「いえ べつにいいのですよ」と身振りで断ってしまったのでした。
でも
オットさんの隣に来た男性が オットさんを越えて窓側に行くのに苦労したあげく
私たちが一緒であることを知ると (まあ 窓側の女性と並ぶほうが良い^^;と判断したのか)
わかりませんが・・・席を替わってくれました。

・・・というわけで 雅安では ぼられることもなく 楽しく旅をすることができました。
雅安のみなさん ありがとうございました。

そうそう タクシーメーターの話ですが
いろいろブログを見ていると 中国は免許書か許可証かわかりませんが
写真つきのやつを車内に見えるようにおいてあるので
車内でその写真を撮ったりすると抑制になるみたいです。
もちろん中国語をしゃべれる人は有利ですけれどね ^^;

IMG_1976.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村←パンダ好きの方・そうでない方も一票お願いします 今回の中国は10月2日に7位になったのが最高かな。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

※雅安 パンダ基地へ 3 [旅行]

雅安 パンダ基地へ 3
そんな雨でびしゃびしゃにならなければ
ホテルイビスも雅安もよい印象だったと思います。
朝になりました。
窓は二重窓でした。
開けると蚊が入ってくると 漢字の注意書きがありました。(たぶん・・)
IMG_2054.JPG
二重窓を開けると 車のクラクションの音がすごいです。
川沿いの小道で 体操(?)をする人たちもいて・・・
その音楽も聞こえます。

雅安はよいところですね。
しかし ゆっくりもしていられません。
荷物を預けて パンダ基地に向かいます。

ホテルを出たところには昨夜ライトアップされていた橋があり
深い緑の山には真っ白な霧がかかっています。
あー パンダのふるさとの山なんだなぁ ついに来たのだなぁ・・・と

ところが タクシーがなかなかつかまりませんでした。

やっと泊まってくれたタクシー
ガイドブックのパンダ基地を示すけれど なんだかいまいちな反応
セイレーンが 「シェンマオ」(パンダの中国語)とおばかさんのような笑顔で言うと
タクシーのおにいさんもにこっとしてくれました。

山道を登っていくタクシー
これは どこかに連れ去られたらおしまいだね・・・なんていっていると
おにいさん・・・メーターを戻してしまうではありませんか・・・・
ひょえー いったいいくら払えと言われるだぁ????

つづく
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村←パンダ好きの方・そうでない方も一票お願いします

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アムステルダム 弾丸ツアー 9 [旅行]

アムステルダム 弾丸ツアー 9

1時間船に乗ると 今度は トラムで美術館へ

CIMG8965.JPG

トラムは混んでいるし 長い距離だし 疲れてきました。[ふらふら]

でも 3500円くらいの1日券だし 休んではいられません。

レンブラントのある美術館と ゴッホの美術館は近くにありますが

それが 中央駅からトラムに乗りましたが 遠いのです[もうやだ~(悲しい顔)]

トラムは混んでいました。[ふらふら]

まず レンブラントの「夜警」のある美術館です ↓

建物の一部を改修中ということで かえって 目当ての絵を探しやすかったです。

日本語の解説はなく 英語もよくわからず (T T)

ショップで ちょっとだけ 日本語版を立ち読みしました。 へへ 

CIMG8957.JPG 800.jpg

次は ゴッホのひまわりのある美術館です。

美術館は1日券を持っていると 入場券を買う列とは違う列があるので 早く入れるというのは

本当でしたが

美術館は 荷物預けなくてはならないの・・・・テロ対策なのか[ふらふら]

荷物預けるためにも 列ができていました。

荷物を預けるといっても 心配だったので パスポートだけは握りしめていることにしました。

ゴッホ美術館は

X線の検査の後 大きなゴッホの肖像(有名な青い感じの絵)がパネルに描いてあり

そのパネルの前で ゴッホと一緒に記念写真を撮ることはできるようでした。(撮っている人が何人もいました)

館内は撮影禁止と書いてあったので カメラも預けてしまったので

もう一度 荷物を取り戻し カメラを持って X線を通す気力はなく 時間もなくあきらめました。

パネルがあると知っていたら カメラを出しておいたのになぁ

CA390025.JPG

「ひまわり」は 教科書で見たよりも 暗い色だなあ

以上 セイレーンの感想でした。

nice!(4) 
共通テーマ:旅行

魔女の宅急便の島へ その3 [旅行]

魔女の宅急便の島へ
2010年8月13日

暑かった。
窓も小さくてプレハブのアパートのような建物でした。
フロントは冷房があるのに 部屋にはないの
それを覚えています。
CIMG6964.JPG

ホテルの朝食
ゴットランドは スウェーデンの人のリゾート地ということらしく
とにかく暑かったです。
東洋人には ほとんどあいませんでした。

昨日 一緒の飛行機だった日本人の女性と
ホテルで会った中国人の家族くらいです。
朝食では魚の酢づけがおいしかったかな
スクランブルドエッグはなく ゆでたまごだけ
半熟と硬ゆでと 2種類ありました。
パン焼き機がありましたが 使っている人は少なかったです。

野菜が少ないです。(さすが北です)

ここは どうにかパプリカがあっただけ ましな感じ
ホテルが大きいためか 順番待ちの列ができていました。
食材は 補充されていたみたいです。
並んでいるのは 国内旅行のお年寄りなのか
いや もっと北の国から来ているのか
とにかくお年寄りばかりです。

昨日は コスプレのパレードを見ることができたので
今日も・・・と 思って 同じ場所に行ってみたのですが

昨日が 特別な日だったようで 今日は見ることはできませんでした。

nice!(0) 
共通テーマ:旅行